移動手段を選択

自動車

自家用車を購入すると当然のことながら、駐車場を確保する必要があるので、駐車代がかかります。更に強制保険に加入する義務があるので、更にお金がかかります。 レンタカーの場合はこれらの料金を考慮する必要がないので、もし車を運転する用事が月に1〜2回ぐらいであればレンタカーで済ませた方が得だという結論になります。 またお金の面だけでなく、自家用車を持っていると、車内清掃やエンジンオイルの点検等を定期的にする必要があります。しかし、レンタカーを利用すると、レンタカーショップ側でこれらの作業はされています。 あとは、レンタルする際に車種を毎回選べることが出来るので、毎回違った車でドライブを楽しむことが出来るとうメリットもあります。

バブル世代に社会で活躍していた世代にとっては、自家用車は当たり前だったと思います。なので、この世代の方々は比較的自家用車の所有率が高いように思えます。 ところがバブルを経験していない世代は、給料の昇給率が低いことに加えて、リストラや倒産により収入が途絶えることに警戒心を抱いているので、車を持つことに抵抗があります。なので、車の所有率は低いでしょう。 また結婚して世帯を持っている人は車を所有しているケースが多いです。バブル期と比べると結婚している割合が少なくなっている現状を考えると、更に車の所有率は低い傾向性になります。 やはり、車は旅行の時には自由な箇所に行けたり、買い物の時には多くの荷物を運ぶことができる等の効用があります。現在では、車はこれらのケースの時にしか使わなくなっているので、レンタカーで済ませてしまう傾向性になっているかと考えられます。